BLOG

ぎっくり腰が多い季節になりました

2018/11/02
ロゴ

秋になり朝晩と日中の寒暖差が大きくなってきました。

この時期注意しなくてはならないのは寒暖差による「ぎっくり腰」です。

ぎっくり腰で来院されるお客様が多いのは11月と4月です。

特に急に冷え込むような朝晩や、前の日は暑かったのに今日は肌寒いといったような日には、注意が必要です。

腰の筋肉も寒くなると固くなり暖かくなると緩んだりと、絶えず変化していきます。

その差が激しくなると腰の大きな負担となり、急な腰痛=ぎっくり腰となっていってしまうのです。

また、ぎっくり腰はそのままにしておくと痛みは消えても癖になってしまい、再発をしてしまう恐れがあります。

最近になって腰に違和感があったり、急な腰の痛みにお悩みの方は熊谷市のARATA整体に是非一度ご相談ください。。