BLOG

最近多い秋の風邪、実は花粉症の可能性もあります。

2019/10/08

皆さん、こんにちは。

熊谷市のARATA整体です。

10月に入り気候の変化が大きくなってきました。

最近になって体調を崩している方も多くいらっしゃると思います。

昼間の気温がまだまだ高く30度近くあったかと思えば、夜になって気温が下がりさらに明け方には肌寒く感じるような日が続くと、やはり風邪をひきやすくなってしまいますよね!

ですが、この時期に忘れてならないのが「秋の花粉症」です。

風邪の症状というと、鼻、喉、咳などの症状がでます。しかし花粉症の症状も鼻、喉、咳など同じような症状がみられ、最近では花粉症の場合でも微熱が出てしまうことがあるようです。そうなると、症状だけで簡単に判断出来なくなっている風邪と花粉症ということになります。

まさにこの10月にブタクサ・ヨモギ・セイタカアワダチソウやイネ科の花粉、アレルギー症状でいうと、この秋にピークとなるダニによる症状も考えられます。

先程も言いましたが、気候や気温の変化による風邪や、秋にピークとなるダニや花粉のアレルギー症状、暑かった夏の疲れが出てくる頃、といったように様々な体調を崩す原因の多いこの時期。

風邪を引いた!!と決めつけずに、なかなか体調が良くならなかったら、いろいろな可能性があることを知っておくことも大事なことなのかもしれませんね!